田作り


昨日アップしたお節の中に入っていなかったものが一つ・・・。
それがこの「田作り」です。

20130102_osechi001-2.jpg

実は、30日には出来ていたものの、親戚にあげたり家族のツマミ食いにより元旦の撮影時にはなくなってしまうという事態に(笑)
なので、本日は撮影用に再度作ってもらいました。

お節の「田作り」というと佃煮のようなものがほとんどですが、それだとすぐに食べ飽きてしまい、毎回余ってしまっていました。
そこで、数年前からは佃煮にはせずにクルミやナッツなどを加えてりんかけ(砂糖の衣付け)をしたところ、余るどころかお正月が来る前に無くなってしまうほどの大人気に・・・!

作り方はコチラです。(あくまで目安ですのであしからず・・・)

■用意するもの■
ごまめ(1袋/100g)、くるみ(150g)、ミックスナッツ(150g)、砂糖(大さじ3)、水(大さじ10)
※お正月以外でごまめが手に入らない場合は、いりこでもOKです。

①くるみはオープントースターを低温に設定し、手でパリっと割れるようになるまでローストします。
 ※焦げないように気をつけてください。
②弱火のフライパンにごまめを入れ、香ばしくなるまでゆっくり炒ります。
③その中に、ミックスナッツと①のくるみも入れて、空炒りをします。
④③を一度バットに取り出してフライパンに砂糖と水を入れて煮溶かし、とろみが出てきたら③を再び入れさっとひとまぜします。
⑤混ぜ合わさったらすぐに火から下ろし、空気を触れさせるようにざっくりお箸で混ぜ合わせます。
⑥しばらく混ぜ続けると、写真のように白く糖衣されてくれば出来上がりです!
 ※始めはベタベタしていたものが、だんだんパラパラしてきますので根気よく混ぜてください。

これなら、飽きることなくオツマミ(お菓子?)感覚で美味しく食べられるのでオススメです♪


そして、下写真は「祝肴」と呼ばれる三品。
「数の子」は子孫繁栄、「田作り」は五穀豊穣、「黒豆」はまめ(健康)に暮らせるように、という願いが込められているそうです。

20130102_osechi012-2.jpg

ちなみに、関西は関東とは違って「黒豆」が「たたきごぼう」に代わるそうです。
※ごぼうは根をはることから「根気がつく」「家の土台がしっかりする」などと縁起ものとされ、歯固め(健康長寿)の願いも込められてるとか。

先人たちのこういった想いを知って、今年一年の幸せな一年を願いつつお節を頂く。
これからも大切にしたい、日本人ならではの美くて楽しい行事ですね(^^)



kaorin★GO



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
↑ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです♪

関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply

About this site
satomiさんチの美味しい生活
About me
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
料理とお菓子作りが大好きな山口在住の主婦satomiと、カメラ担当の娘kaoriのブログです。母の趣味である野菜作りやガーデニングなども気ままに紹介していきたいと思います。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇