スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合わせ柿


先日初めて挑戦した「合わせ柿」が完成しました!

awasegaki

結果は・・・大成功!

しっかりとシブが抜けていました。

つくり方は、とっても簡単。

■用意するもの・・・渋柿、35度の焼酎(通常飲むのは25度だそうですが、それだと不十分なのだそうです)、お茶碗、ケーキ用の刷毛、大き目のビニール袋、ダンボール箱

■つくり方
①まず、ヘタの木の部分をくるくると回してスポンと抜きます。
②茶碗に3~4分目まで焼酎を入れ、ヘタが逆さになるように漬けます。
③皮の部分にも刷毛で焼酎を塗ります。
 (ヘタを焼酎に漬けるだけでOKということもあるようですが、今回は念のため皮にも塗布しました)
④ダンボールにビニール袋を入れ、その中に柿を敷き詰めていきます。
⑤全て入れ終わったら、空気を抜いてしっかりと結び、ダンボールもフタをします。

そして、約1週間でできあがり!

反省点としては、柿が熟れていたものを使用したからか、柿が柔らかくなり過ぎてしまったことです。
次回は、合わせ柿を作る用のものは「少し早いかな?」くらい熟れ方の柿で作った方が良いかなと思います。


それにしても、経験のある方はお分かりでしょうが、間違えて一口食べたら口の中が大惨事になってしまうあの「渋柿」が、焼酎のチカラで「甘柿」に変身するなんて本当に不思議!

昔の人の知恵は、知れば知るほど感服します。


kaorin★GO




↑ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです♪


関連記事
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

About this site
satomiさんチの美味しい生活
About me
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
料理とお菓子作りが大好きな山口在住の主婦satomiと、カメラ担当の娘kaoriのブログです。母の趣味である野菜作りやガーデニングなども気ままに紹介していきたいと思います。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。